面接

モデルや歌手になるには

タレントオーディションには様々な種類があり、モデルを目指す場合には「専属モデル」のオーディションや「会場型」といったものまであります。歌手やバンドでのオーディションには、まずデモテープを送りそれが審査員の目に止まれば、実際に生歌や演奏を聞いてもらえる機会が与えられます。

詳しく見る

キャスティング先の選び方

相談

実績と評判を重視

芸能人や文化人を企業やイベントに呼ぶ場合、キャスティング会社を仲介して呼ぶ方がスムーズにいきます。ただしどこに頼んでも同じということではないので、依頼先は慎重に選びましょう。ちなみにキャスティング会社は、まず何より信頼性があることが重要なポイントになります。過去の評判を確かめたうえで、ドタキャンをはじめとして芸能人や依頼上のトラブルが多いキャスティング会社は避けるようにしましょう。他にも、キャスティング会社として実績があるかどうかというのも見逃せないポイントです。たとえば起業して間もない会社ではどんな仕事をするかがわからないので、極力利用するのはやめておくべきです。とはいえすべてがそうかといえば、そういうわけでもありません。過去に同業の会社で働いていて、その実績があるようなら利用しても問題はないといえるでしょう。その際はどこの会社に所属していて、どんな芸能人に依頼した実績があるかというのを確認しておきましょう。それがあれば新規に立ち上げたばかりの会社でも、依頼先のコネや社長自身の実績があるので心配いりません。あとは、費用面で適切な価格で請け負ってくれるかという部分もチェックしておきたいところです。それにはあらかじめいろんな同業他社から見積もりをとっておくことが大切です。その相場と比較して、適正な価格で芸能人を雇えるかを確かめてみましょう。基本的に芸能人に依頼する場合、料金が分かりにくく比較するのが難しい面もあります。そこをどうクリアして信頼関係を築いていけるかが、キャスティング会社と仕事をしていくためには必要になるでしょう。

赤ちゃん

モデルになるために

自分のかわいい赤ちゃんを赤ちゃんモデルとして活躍させたいというパパやママは多くいます。モデルになるにはオーディションを受ける必要があります。オーディションを受けるには、自分で読者モデルなどに応募する方法と芸能事務所に所属して応募する方法があります。

詳しく見る

キャスティング

有名人を呼ぶには

芸能人をイベントに呼びたいといった場合には出演の依頼することで可能です。出演依頼そのものは簡単に行えますが、芸能人もただ呼ばれただけでは依頼を引き受けてくれないことも多く、そのイベントの内容などを詳しく伝える必要があります。

詳しく見る

ステージ

写真を用意する

タレントのオーディションを受ける前に、写真を用意しておきましょう。笑顔で一番キレイに見える写真です。また、体型にも気をつけましょう。少しでも良く見えるようにプロモーション維持に務めることが大切です。あとはオーディションの練習をしておきましょう。

詳しく見る

赤ん坊

我が子をデビューさせる

赤ちゃんモデルになるには事務所に所属することが最短ルートです。事務所に所属するためにはオーディションを受けねばならず、書類審査と面接をクリアする必要があります。見た目よりも人見知りや場所見知りをしないことが重要視されます。

詳しく見る

オススメ記事

面接

モデルや歌手になるには

タレントオーディションには様々な種類があり、モデルを目指す場合には「専属モデル」のオーディションや「会場型」といったものまであります。歌手やバンドでのオーディションには、まずデモテープを送りそれが審査員の目に止まれば、実際に生歌や演奏を聞いてもらえる機会が与えられます。

詳しく見る

赤ちゃん

モデルになるために

自分のかわいい赤ちゃんを赤ちゃんモデルとして活躍させたいというパパやママは多くいます。モデルになるにはオーディションを受ける必要があります。オーディションを受けるには、自分で読者モデルなどに応募する方法と芸能事務所に所属して応募する方法があります。

詳しく見る

キャスティング

有名人を呼ぶには

芸能人をイベントに呼びたいといった場合には出演の依頼することで可能です。出演依頼そのものは簡単に行えますが、芸能人もただ呼ばれただけでは依頼を引き受けてくれないことも多く、そのイベントの内容などを詳しく伝える必要があります。

詳しく見る