写真を用意する

ステージ

体型を整える

芸能界に入りたい人は様々なオーディションを受けることになります。街中でのスカウトを待ち続けるよりも効率的な方法です。芸能人といっても種類はいろいろあります。歌手や俳優、声優というように、それぞれオーディションがあるので、なりたいものを明確にしておきましょう。もしくは、タレントという形でざっくりとしたオーディションもあります。タレントから歌手や俳優に転身することもできるので、まずは受けられるものから順にどんどん受けてみるのもいいかもしれません。どんなオーディションを受けるにしても、事前に用意するものがあります。それは写真です。就職や転職活動で使う写真ではなく、上半身と全身が分かる写真を送るように指示されることがあります。このような写真は笑顔で一番いい顔のものを送るようにしましょう。履歴書写真のように無表情だとかえって落ちてしまうかもしれません。また、タレントといってもできれば容姿がキレイな方がいいということもあります。プロポーションにも気を遣うようにしましょう。オーディション前には節制したり、肌荒れ改善に務めたりというように、一番キレイな状態でオーディションを受けられるようにすることがポイントです。バラエティー番組で使うタレントを募集するオーディションであったとしても、自己管理ができている人の方が受けがいいものです。あとはオーディションで話す内容を練習しておきましょう。どんな質問にも回答できるようにしておくことが大切です。

オススメ記事

面接

モデルや歌手になるには

タレントオーディションには様々な種類があり、モデルを目指す場合には「専属モデル」のオーディションや「会場型」といったものまであります。歌手やバンドでのオーディションには、まずデモテープを送りそれが審査員の目に止まれば、実際に生歌や演奏を聞いてもらえる機会が与えられます。

詳しく見る

赤ちゃん

モデルになるために

自分のかわいい赤ちゃんを赤ちゃんモデルとして活躍させたいというパパやママは多くいます。モデルになるにはオーディションを受ける必要があります。オーディションを受けるには、自分で読者モデルなどに応募する方法と芸能事務所に所属して応募する方法があります。

詳しく見る

キャスティング

有名人を呼ぶには

芸能人をイベントに呼びたいといった場合には出演の依頼することで可能です。出演依頼そのものは簡単に行えますが、芸能人もただ呼ばれただけでは依頼を引き受けてくれないことも多く、そのイベントの内容などを詳しく伝える必要があります。

詳しく見る