有名人を呼ぶには

キャスティング

呼ぶのはいいけども注意点

芸能人をイベントなどに呼びたい場合にはゲスト依頼をする必要があります。基本的な行動としては芸能人が所属している事務所に依頼する方法です。最近はインターネットからでも問い合わせをすることができるようになっていますが、電話で行って依頼する方が確実ですしまた両方の長所を使うところが良いでしょう。芸能人を呼ぶといってもその内容によっては依頼が断られるケースがありますから、事前にどのような目的で呼びたいのかを相手に伝えることが重要になってきます。このため電話で交渉しつつインターネットを通じて企画書を送るなどして芸能人に来てもらう理由を相手に伝えることが大事です。芸能人もなんでも出来るというわけではありませんから、イベントの趣旨に見合った人を呼ぶことが大事です。また芸能人を依頼するさいに直接メッセージを送る方法もあります。現代ではSNSを行っている芸能人も多くいますから昔と比べて接点も多く、直接依頼することも可能です。ただし実際に引き受けるとなると事務所を通して行うことになります。事務所から依頼するよりも本人が依頼を受けたいといった場合には依頼を引き受けてくれる確率が高くなるメリットがあります。一方で芸能人を呼んだ場合には、お世話をすることも大事です。マネージャーが付いてくるにしてもゲストですから控室の用意や出演してもらうタイミングを事前に伝えておくことが重要で、これらはイベントを成功させるためにも重要なポイントになります。

オススメ記事

面接

モデルや歌手になるには

タレントオーディションには様々な種類があり、モデルを目指す場合には「専属モデル」のオーディションや「会場型」といったものまであります。歌手やバンドでのオーディションには、まずデモテープを送りそれが審査員の目に止まれば、実際に生歌や演奏を聞いてもらえる機会が与えられます。

詳しく見る

赤ちゃん

モデルになるために

自分のかわいい赤ちゃんを赤ちゃんモデルとして活躍させたいというパパやママは多くいます。モデルになるにはオーディションを受ける必要があります。オーディションを受けるには、自分で読者モデルなどに応募する方法と芸能事務所に所属して応募する方法があります。

詳しく見る

キャスティング

有名人を呼ぶには

芸能人をイベントに呼びたいといった場合には出演の依頼することで可能です。出演依頼そのものは簡単に行えますが、芸能人もただ呼ばれただけでは依頼を引き受けてくれないことも多く、そのイベントの内容などを詳しく伝える必要があります。

詳しく見る