我が子をデビューさせる

赤ん坊

受験時のコツ

親にとって、我が子は誰よりも可愛いものです。そうした普遍的な思いを超えて我が子が可愛いと思う場合や、我が子を芸能界デビューさせたいと思う場合、形に残る思い出がほしいという場合などに考えるのが赤ちゃんモデルです。赤ちゃんモデルはおむつや赤ちゃん用品の広告、ベビー雑誌のモデルなどとして活躍します。一般向けオーディションがあることもありますが、確実に赤ちゃんモデルとして我が子をデビューさせたいと思うのならば事務所所属を目指してオーディションを受ける方が確実です。たいていのオーディションでは事務所を通して募集がかかるので、まずは事務所に所属することがデビューへの最短ルートとなるのです。赤ちゃんモデルを受け付けている事務所はいくつかあります。そういったところでは0歳から受け付けていることが多く、幅広い年齢のニーズに応えられるようになっています。赤ちゃんは産まれ月が様々なので、オーディションは定期的に行われており、タイミングをあわせて受験することができます。オーディションは書類審査と面接で決まります。赤ちゃんモデルの人気は高く、倍率は4000〜5000倍にもなります。書類審査で半数が落とされ、面接で絞り込まれます。さらに通ったとしても赤ちゃんの体調にあわせてモデルを選べるように複数人が選ばれることが多いので、それも覚悟しておく必要があります。重要視されるのは見た目よりも人見知りや場所見知りのなさです。発達の具合は人それぞれなのでそこまで重要視されませんが、泣き出したり機嫌が悪くなったりしないことが重要なので、赤ちゃんの個性がポイントとなります。

オススメ記事

面接

モデルや歌手になるには

タレントオーディションには様々な種類があり、モデルを目指す場合には「専属モデル」のオーディションや「会場型」といったものまであります。歌手やバンドでのオーディションには、まずデモテープを送りそれが審査員の目に止まれば、実際に生歌や演奏を聞いてもらえる機会が与えられます。

詳しく見る

赤ちゃん

モデルになるために

自分のかわいい赤ちゃんを赤ちゃんモデルとして活躍させたいというパパやママは多くいます。モデルになるにはオーディションを受ける必要があります。オーディションを受けるには、自分で読者モデルなどに応募する方法と芸能事務所に所属して応募する方法があります。

詳しく見る

キャスティング

有名人を呼ぶには

芸能人をイベントに呼びたいといった場合には出演の依頼することで可能です。出演依頼そのものは簡単に行えますが、芸能人もただ呼ばれただけでは依頼を引き受けてくれないことも多く、そのイベントの内容などを詳しく伝える必要があります。

詳しく見る